DDCPが製薬企業入職後5年未満の医師を対象に2021年に行ったアンケートでは、開発や安全性に携わる者よりもメディカルアフェアーズ(Medical Affairs: MA)でキャリア不安を抱えている者が多いことが示唆されました。その理由としては,臨床開発や安全性部門は法律,あるいは世界的な業界横断的な枠組みによって、プロセスと業務内容がかなり定型化しているのに対し,MAに関しては比較的新しい職種であり,法律で規制されている部分が少ないこと、歴史の浅さと自由度の高さのために,キャリアパスが確立されておらず不安に繋がっているとなどが考えられます。近年、製薬企業に入職する際、最初からMAに入る方も多いと聞いています。MAではマーケティング、コマーシャル、セールスと緊密に連携を取って仕事をする必要があります。そこでは「企業」という組織を俯瞰的に理解することで、MA医師としての貢献度合いを高めていくことが可能となります。

MAの歩き方(その1)
皆さん、DDCPのMDコミュニティにようこそ!DDCP理事の玉田です。DDCPが昨年行った、製薬企業入職5年以内の医師を対象にしたアンケート調査1)では、製薬MDの多くが入職に際して、組織的な事柄(組織構造、業務プロセス […]
続きを読む
MAの歩き方(その2)
前回では企業には明確な設立趣旨と存在意義がある事を示しました。 企業の存在意義は3年や5年でクルクル変わることは無くて、これだけ世の中の変化が激しくなっても10年くらいは文言は大体同じです。 劇的に変わるのは大規模合併や […]
続きを読む
MAの歩き方(その3)
「バリューについて」 バリューを直訳すると「価値」という意味ですが、通常企業内では、組織に所属するメンバーが目標実現に向けて持つべき価値観、行動基準という意味合いで使用されます。 ちなみに製薬企業でバリューと言うと「医薬 […]
続きを読む
MAの歩き方(その4)
皆さんも経験したと推測しますが、臨床やアカデミアを離れて企業に就職した時に、よく意味の分からない「組織っぽい」言葉に初めて遭遇して、「ああ自分は何も知らないんだな」と何ともやるせない気持ちになったものです。分からない事を […]
続きを読む
MAの歩き方(その5)
前回は組織の7Sが「ハードのS」と「ソフトのS」に分かれている事を解説いたしました。以下順に追ってそれぞれ説明します。この7つの枠組みを知っておくと、皆さんが管理職になって組織をデザインする時、自分のチームの体制を整える […]
続きを読む
MAの歩き方(その6)
「組織構造」~組織は戦略に従う~ 前回では「戦略」について解説しましたが、今回は「組織構造」についての解説です。 「組織は戦略に従う」という格言みたいなものがありまして、提唱したのはチャンドラーと言う経営学者です。チャン […]
続きを読む